管理者あいさつ

訪問看護認定看護師 大牛晴代

訪問看護認定看護師
大牛晴代

徳島大学医療技術短期大学卒業後、兵庫医科大学病院にて、特に心臓・呼吸器疾患患者の急性期医療に7年間、訪問看護師として14年間、その間に訪問看護認定看護師を取得しました。阪神淡路大震災の経験から、地域力を強化の重要性を学び、地域での医療支援として訪問看護に目覚めました。さらに、東日本大震災では24時間医療支援を行ってきました。そこで地域の人々の生活と必要とされる医療を結びつけることの重要性を痛感いたしました。
本ステーションは、これまでの経験を活かし、訪問看護師の視点で地域全体のコミュニティを強化し、減災に繋がる「まちづくり」の実現を目指しています。一人では生活が困難になっても、地域の人達と協力し合うことによってその人らしい生活ができ、その人が望む人生を全うできるための調整や支援ができればと考えています。特に、がんの終末期医療には関心がある方が多いと思いますが、がん以外の慢性的な経過をたどる病気は多くありますし、老化による身体の衰えを止めることもできません。
私たちは、どのような状態の方であっても、可能な限り皆様のご希望に添えるような支援を行いながら、常に命に寄り添い続けることを信念にしております。

スタッフあいさつ

看護師 河内瑞乃

看護師
河内瑞乃

神戸で育ち三田市の看護学校を卒業後、付属病院で8年勤務しました。呼吸器内科病棟に6年、神経内科病棟に2年、そのうち3年間は呼吸器外来での在宅酸素療法の生活相談室を兼務していました。その後は訪問入浴とデイサービスを経験し、2012年に結婚、2人の子供を出産しました。
復帰を考えたとき、はじめての訪問看護、4年のブランク、育児との両立に不安もありました。しかし、2016年(平成28年)3月にパートとして働き始めた時、同行訪問や日々の相談で不安がなくなるまでフォローしてもらえたり、就労時間や休日も子供達の都合に合わせて調整してもらえ、周囲のサポートを受けながら無事に訪問看護師として復帰することができました。2017年7月には常勤として働いています。そして今は、終末期看護や小児看護の経験をもっともっと深めたいと思えるようにまでなりました。
看護師・保健師 濱口亜紀

看護師・保健師
濱口亜紀

私は和歌山で生まれ育ち、大阪府立看護大学(現在の大阪府立大学)を卒業し、看護師として整形外科病棟、内科・訪問看護、重症心身障害者施設を経験しました。神戸に来てからは、地域の新生児訪問、デイサービスやクリニック、現場マネジメントを含む営業、養護教諭などを多種経験し、医療・看護の視点を持って生活を実際にサポートしていきたいと思い、ご縁があってブレックスに入職することとなりました。
病や不自由を抱えながら、どう生きていきたいかを一緒に考えていく看護がしたいと思っています。仕事をすることで、常に様々な価値観・経験と出会い、看護を通して私自身が学ばせていただいています。皆様と関わることで私自身も幸せをいただいています。皆様と共に過ごせる時間を大切にしながら、出来ることを丁寧にしていけたらと思います。どうぞよろしくお願い致します。
看護師 浜田律子

看護師
浜田律子

私は、神戸で生まれ、神戸で育ちました。これまで病院および高齢者施設での勤務を経験し、この度、縁あって、当ステーションで勤務させて頂くことになりました。
訪問看護は、目の前のご利用者の身体に何が起こっているのかを見抜く力、判断力が特に必要となります。そのため私にとっては初めての経験であり、緊張します。これからも知識、技術を磨き、病気を持ちながらもその人らしく自宅で生活が送れるよう、お一人お一人の気持ちに寄り添える看護師になりたいと思っています。病気や老いは、誰にとっても辛いことではありますが、そのなかでもご利用者とご家族の皆様と一緒に話し合い、看護者自身も納得できる看護を目指して頑張りたいと思います。始めたばかりの新米訪問看護師ですが、訪問看護の手応えも感じています。人生の先輩であるご利用者様から多くのことを学ばせて頂きながら、頑張りますので、よろしくお願い致します。
事務 奥野彩芽

事務
奥野彩芽

神戸で生まれ育ち、市内の医療機関・訪問介護ステーション・訪問看護ステーションで勤め、縁あって2016年からブレックスの事務として勤務しています。
2017年11月より常勤として雇用して頂き、現在では医療保険・介護保険の請求業務から一般事務までさせていただいております。
個性豊かなスタッフと笑顔の絶えないステーションで、毎日とても楽しくお仕事をさせていただいております。利用者様と直接お会いする機会はなかなかありませんが、スタッフを通じてお役に立てることがあればと思っております。当ステーションのスタッフが安心して訪問に行けるよう、サポートしていきたいと思っています。よろしくお願い致します。

顧問あいさつ

保健学博士 多留ちえみ

保健学博士
多留ちえみ

私は、1995年の阪神大震災前から在宅看護の重要性を感じ、病院からの訪問看護を試験的に実践しており、災害時の対応を含めた訪問看護の難しさを経験しました。現在は2000年の介護保険制度により在宅医療が確立してきましたが、多くの課題があることも感じております。
看護師にとって経験は重要ですが、近年、医学の進歩や看護支援方法については、数多くの知見が示されています。訪問看護師は、目の前にいる利用者の方の身体に何が起こっているのかを見抜く医学的知識と危険予知を判断する力、そして利用者や家族の気持ちに沿うことができる柔軟な人間力を併せもつ必要があります。
そこで、訪問看護ご利用者、ご家族、そして訪問看護師自身が納得できる看護を提供するために、私は、訪問看護師の論理的な思考を支援し、共に学習できる環境を提供していきたいと考えています。人が好きな方、看護が好きな方、看護実践の意味を考えたい方、学会発表してみたい方など、向上心のある方と一緒にお仕事ができることを期待しています。

ご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

078-291-5211   FAX : 078-291-5221

営業時間:9:00~17:00(平日)

お電話でのお問い合わせ

078-291-5211

FAX : 078-291-5221

営業時間:9:00~17:00(平日)

メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOP